国際ロータリー2770地区「さいたま中央ロータリークラブ」のサイトです。


歴代会長

初代会長 1965-67年 故 井原 弥一郎

RI会長

  • リチャード・L・エバンス(アメリカ)

テーマ

  • ロータリーでよりよい世界を。

会長方針

  1. 地域住民と密着する。
  2. 自己の職業の繁栄をはかり職業奉仕に発展させる。
  3. 経営者の考え方を市政に反映させる。

2代会長 1967-68年 故 平野 正男

RI会長

  • ルーサー・H・ホッジス(アメリカ)

テーマ

  • ロータリアンとしてあなたの資格を効果的に。

会長方針

  1. 会員相互の親睦を深める。
  2. ロータリーをよく知っていただく。
  3. インターアクト・クラブ結成に努力する。

3代会長 1968-69年 故 古橋 新三

RI会長

  • 東ヶ崎 潔(日本)

テーマ

  • 参加し敢行しよう。

会長方針

  1. RI会長の目標を、クラブ活動を通して趣旨を尊重する。
  2. 地域社会への広報活動を活発にしロータリーの目的とサービスを理解される様努力する。
  3. インターアクト・クラブ設立に努力する。

4代会長 1969-70年 故 渋谷 彰一

RI会長

  • ジェームス・F・コンウェイ(アメリカ)

テーマ

  • 再検討し、刷新しよう。

会長方針

  1. 再検討し、刷新しよう。
  2. 毎例会、あらゆる会合は愉快に楽しく。
  3. 思いやりの精神で事業計画を楽しく。

5代会長 1970-71年 故 井上 正雄

RI会長

  • ウイリアム・E・ウォーク・Jr(アメリカ)

テーマ

  • 隔たりを取り除こう。

会長方針

  1. 郷土を愛し、さらに友情を深めよう。
  2. 委員会活動に重点を置く。
  3. ローターアクト・クラブの創立に努力する。

6代会長 1971-72年 故 浅沼 登

RI会長

  • アンスト・G・ブライトホルツ(スウェーデン)

テーマ

  • 善意は先ずあなたから。

会長方針

  1. 清心の気溢るるクラブ。
  2. 職業奉仕の徹したクラブ。
  3. 和やかなクラブ。

7代会長 1972-73年 故 新井 武士

RI会長

  • ローイ・D・ヒックマン(アメリカ)

テーマ

  • もう一度見直そう。

会長方針

  1. 名実ともに地域社会に密着したクラブを。
  2. 会員相互の徹底した親睦。
  3. ローターアクトの育成強化。

8代会長 1973-74年 故 田畑 憲二

RI会長

  • ウイリアム・C・カーター(イギリス)

テーマ

  • 今こそ行動のとき。

会長方針

  1. 会員並びにその家族との親睦強化。
  2. 楽しい例会場の雰囲気づくりに努力。
  3. クラブの成長強化を図る。

9代会長 1974-75年 故 本郷 数夫

RI会長

  • ウイリアム・R・ロビンス(アメリカ)

テーマ

  • ロータリーの精神を振るい起こせ。

会長方針

  1. ロータリーの精神を含味し会員の和を中心に明るい雰囲気のクラブに。
  2. ロータリー創立の原点に返り本質を理解し定款細則を守り、活気あるクラブに。
  3. 例会場は楽しい会食の場とし、自覚と友情の中で職業奉仕を通じ地域社会に貢献したい。

10代会長 1975-76年 故 仁科 一二

RI会長

  • エルネスト・インバッサイ・デ・メロ(ブラジル)

テーマ

  • 人間に威信を。

会長方針

  1. 会員相互の親睦を中心に一層明るい活気ある自己鍛錬の場として、クラブ運営を。
  2. 地域社会に真のロータリーを理解させる奉仕活動を推進。
  3. 創立10周年事業の円滑なる遂行。

11代会長 1976-77年 故 井原 泰次

RI会長

  • ロバート・A・マンチェスターⅡ(アメリカ)

テーマ

  • ロータリーを私は信奉する。

会長方針

  1. たのしい話しあえるクラブ作り。
  2. 家族ぐるみの親睦。
  3. 地域社会に対する広報活動を活発にしロータリーの目的の理解を得る様、努力する。
  4. 自然を通じてよりよい住みよい地域社会を作る。

12代会長 1977-78年 故 戸出良太郎

RI会長

  • W・ジャック・デービス(バミューダ)

テーマ

  • 全人類を結びつけるために奉仕せよ。

会長方針

  1. メンバーの交流をはかろう。
  2. みんなで心をつなごう。
  3. どうしたら仲良しクラブになれるか。

13代会長 1978-79年 故 細井 文平

RI会長

  • クレム・レノフ(オーストラリア)

テーマ

  • 手をさし伸べよう。

会長方針

  1. 会員間の相互理解を基本とする。
  2. 友情の手をさし述べよう。

14代会長 1979-80年 故 安野 千代吉

RI会長

  • ジェームス・L・ボーマーJr(アメリカ)

テーマ

  • 奉仕の灯で道を照らそう。

会長方針

  1. 奉仕の灯をロータリアンが先頭で掲げよう。
  2. ロータリアンの襟度を忘れず、会員相互の親睦をはかろう。

15代会長 1980-81年 故 大橋 軍治

RI会長

  • ロルフ・J・クラリッヒ(フィンランド)

テーマ

  • 時間を捧げよう奉仕のために。

会長方針

  1. 活気あるクラブ作り。
  2. 15周年記念事業の遂行。記念植樹並びにインターアクト・クラブ設立。

16代会長 1981-82年 故 田口 かつすけ

RI会長

  • スタンレー・E・マッキャフリー(アメリカ)

テーマ

  • ロータリーを通じて世界理解と平和を。

会長方針

  1. 青少年問題に取組み且つ具体的な施策を模索したい。
  2. 国際身体障害者年に社会奉仕委員会を通じて奉仕活動を展開したい。
  3. 例会を盛り上げるための効果的プログラムの編成を期待。

17代会長 1982-83年 故 藤岡 保

RI会長

  • 向笠 広次(日本)

テーマ

  • 人類はひとつ世界中に友情の橋をかけよう。

会長方針

  1. 職業の充実と奉仕へのより一層の努力。
  2. 奉仕による明るい街づくり。
  3. ローターアクト10周年を意義あるものとする。
  4. 国際青少年交換プログラムの完遂。

18代会長 1983-84年 故 菊地 博康

RI会長

  • ウイリアム・E・スケルトン(アメリカ)

テーマ

  • みんなにロータリーを、みんなに奉仕を。

会長方針

  •  "あすに向かってロータリーの力をたくわえよう" 
  • ロータリーを再認識し、会員を増強し、明日へ向かってロータリーの発展のために力をたくわえよう。

19代会長 1984-85年 故 福田 睦

RI会長

  • カルロス・カンセコ(メキシコ)

テーマ

  • 見つけよう奉仕の新生面。

会長方針

  1. 会員相互の理解と親睦を深めよう。
  2. 地域に密着したクラブ作り。
  3. 国際理解の増進。

20代会長 1985-86年 故 川勝 国明

RI会長

  • エドワード・F・カドマン(アメリカ)

テーマ

  • あなたが鍵です。

会長方針

  • "あなたが鍵です" 
  • 各々がキーストンとして自覚を持ち、奉仕の鍵を握る自覚の下に行動できるロータリアンを目指し、四つの奉仕の扉を開こう。

21代会長 1986-87年 中村 僚

RI会長

  • M・A・T・カパラス(フィリッピン)

テーマ

  • ロータリーは希望をもたらす。

会長方針

  • 校内暴力、家庭内暴力、いじめなど暗いニュースの多い世の中です。 
  • 今こそロータリーの真価を発揮し、今年度のターゲット(ロータリーは希望をもたらす)の精神に徹し、21世紀を担う青少年の健全育成に会員皆様の協力を得、努力する。

22代会長 1987-88年 山下 森彦

RI会長

  • チャールズ・C・ケラー(アメリカ)

テーマ

  • ロータリアン―奉仕に結束―平和に献身。

会長方針

  • 看脚下奉仕の原点を考える。 

23代会長 1988-89年 川端 幹雄

RI会長

  • ロイス・アビー(オーストラリア)

テーマ

  • ロータリーに活力を…あなたの活力を。

会長方針

  1. 奉仕と信頼の輪で結ばれたクラブ作り。
  2. 奉仕の思想追及と親睦活動の強化。

24代会長 1989-90年 木村 集亮

RI会長

  • ヒュー・M・アーチャー(アメリカ)

テーマ

  • ロータリーを楽しもう。

会長方針

  • 年度開始直後、かねて地区より要請があったクラブ拡大問題が表面化、急速に発展。
  • この事業に全力を挙げて、スポンサー・クラブとして与野西RCの誕生にこぎつけ、創立。
  • 25周年事業の一環として1990年(平成2年)4月24日認証状伝達式を行う。

25代会長 1990-91年 増田 光雄

RI会長

  • パウロV・C・コスタ(ブラジル)

テーマ

  • ロータリーを高めよー思いを尽くし熱意を尽くし。

会長方針

  • 国際ロータリーの会長パウロ・V・Cコスタは、「ロータリーを高めよ思いを尽くし熱意を尽くし」と言われております。
  • このテーマはむずかしく考えるより、まず24年目にして初めて出来た子クラブの指導育成を全会員の皆様と一緒に心掛けて行い、 子クラブの指導育成を全会員の皆様と一緒に心掛けて行い、その際に得ました会員増強のクラブにもたらす、みずみずしい新鮮さを忘れずに本年も大幅の会員増強をお願いし、 あえて従来にない70人会員のクラブを目指して行動すれば、おのずとロータリーを高めることになると考えます。
  • 25周年事業の一環として1990年(平成2年)4月24日認証状伝達式を行う。

26代会長 1991-92年 武田 秀雄

RI会長

  • ラジェンドラー・K・サブー(インド)

テーマ

  • 自分を超えた眼を。

会長方針

  • R.I.会長ラジェンドラー・K・サブー氏の「LOOK BEYOND YOURSELF」の方針にそって、牧内ガバナー、弓削分区代理の指導のもとに、 25周年記念の後の事でありますので、ロータリーの初心にもどり、奉仕の芽を育てるべく土壌の役割を果たすよう、クラブ奉仕を中心に会員の親睦を図りたいと思います。

27代会長 1992-93年 本澤 繁

RI会長

  • クリフォード・L・ダクターマン(アメリカ)

テーマ

  • まことの幸福は人助けから。

会長方針

  • 自身のターゲット「言と動」を提示し、創立27年を経て、身の重くなったクラブと会員の動きを活発化する為意見を求め、身の重くなったクラブと会員の動きを活発化する為意見を求め、 行動を大にする。
  • 特にガバナー半田昭雄氏は当クラブ生みの親である浦和北クラブより選出された為め地区大会に全面的に協力する。
  • 地域ではロータリークラブの奉仕活動を広く知っていただくため市民まつりをもりあげる等は全会員の行動の賜ものである。

28代会長 1993-94年 浅古 明

RI会長

  • ロバート・R・バース(スイス)

テーマ

  • 行動に信念を、信念は行動に。

会長方針

  • 会員相互の真の友情を深め、全員でクラブの活性化を図り、地域社会に貢献する。

29代会長 1994-95年 村田 金重郎

RI会長

  • ビル・ハントレー(イギリス)

テーマ

  • BE A FRIEND 友達になろう。

会長方針

  • 個人生活、事業生活および社会生活に、常に奉仕の理想を心掛けると同時に、クラブライフの面で「明るく 楽しく 艶やかに」として、精神的なエネルギー充実と良質な親睦の実現。

30代会長 1995-96年 故 首藤 淳

RI会長

  • ハーバード・G.ブラウン(アメリカ)

テーマ

  • 真心の行動・慈愛の奉仕・平和に挺身。

会長方針

  • 30周年を迎えその記念行事の他I.M.の行事もあり、これ等諸行事を完全に行う為に「きっちり計画、がっちり実行」を念頭におき、進めて行き度い。

31代会長 1996-97年 生駒 賢治

RI会長

  • ルイス・ビセンテ・ジアイ(アルゼンチン)

テーマ

  • 築け未来を行動力と先見の眼で。

会長方針

  • クラブ創立31年目、クラブ活動の原点としてはじめに親睦、友愛ありき。
  • "世代間融合で更なる活性化を"≪親睦、友愛の輪を広げよう≫の会長方針を提唱。各世代を通じて年間の諸行事に積極的に会員を中心に家族が参加することから職業奉仕、社会奉仕、更には国際奉仕へとその輪が広がり各計画が達成される。

32代会長 1997-98年 故 渡辺 完一

RI会長

  • グレン・W.キンロス(オーストラリア)

テーマ

  • ロータリーの心を。

会長方針

  • 長引く不況に無理をしない運営に心掛け、思いやりと、 心配りを会長方針とした。
  • 地味ではあったが着実な運営が出来たのではないかと思っている。

33代会長 1998-99年 古瀬 勇二

RI会長

  • ジェームス・L・レイシー(アメリカ)

テーマ

  • ロータリーの夢を追い続けよう。

会長方針

  • 未曾有の経済危機に見舞われ、各会員は経済上、大変ご苦労が多かった年度だったと思う。
  • しかしその中での当クラブの会員は、時代を反映してか、自発的に知恵と工夫で活発に奉仕活動を展開し、大きな成果を上げることが出来た。

34代会長 1999-2000年 金子 弘

RI会長

  • カルロ・ラビッツァ(イタリア)

テーマ

  • ロータリー2000:活動は-堅実、信望、持続。

会長方針

  • 「楽しい中にも規律あるクラブ創り」を目ざして、平成大不況の最中、年初の役員不幸にもかかわらず、役員理事一丸となってクラブ運営に当たり多大な成果を上げた。
  • 特に新都心建設が起爆剤となり再燃した例会場移転問題は現実のものとなり、 6月15日「ラフレさいたま」 (簡易保険総合健康増進センター)と契約、次年度9月以降事務所例会場共に移転する事になった。

35代会長 2000-01年 関口 邦夫

RI会長

  • フランク・J・デブリン(メキシコ)

テーマ

  • 意識を喚起しー進んで行動を。

会長方針

  • 創立35周年を迎え、与野クラブを囲む地域環境は、大きな変化が起きた。
  • 市名は「与野市」から「さいたま市」へ変り、例会場、事務局は「あさひ銀行与野支店」から「ラフレさいたま」へ移転した。
  • こうした中、今後益々クラブが発展していくことを願い、「新しい仲間を迎え入れ、クラブに新たな活力を」生み出していくことを目標として、活動を展開した。

36代会長 2001-02年 内田 房雄

RI会長

  • リチャードD.キング(アメリカ)

テーマ

  • 人類が私たちの仕事。

会長方針

  • 年度テーマ「貴方のクラブです 率先して活動を・・・」
  • クラブがRIの会員です、クラブ会員はクラブの運営に己ずから責任をもって携わり、活動しなければクラブは活性されません。
  • ロータリー綱領を理解し会員となって活動しているものと思います。
  • 二つのモットーと四つのテストを理解し、自己の修養の場として例会に出席し、会員それぞれが率先して活動して頂きたく願いを込めて方針を定めました。
  • また規定審議会によって改正されたクラブ定款により新年度がスタートした。

37代会長 2002-03年 故 後藤 愼一

RI会長

  • ビチャイ・ラタクル(タイ)

テーマ

  • 慈愛の種を播きましょう。

会長方針

  • 政治も経済も閉塞状態の中でクラブ発足38年の伝統と文化のあるクラブとして足元を確りと見つめた運営を行う為、例会で会員相互の理解と親睦を深め、楽しい中でもメンバーの研鑽の場となるよう目指してきました。

38代会長 2003-04年 井上 正巳

RI会長

  • ジョナサンB・マジィアベ

テーマ

  • 手を貸そう(Lend a Hand)

会長方針

  • 《親睦から友情、そして奉仕へ》
  • 38年の歴史の重みを感じながら、会員各位のご協力により、各委員会の事業を完遂することが出来ました。
  • 特に親睦活動委員会を中心とした活動により、参加から友情の輪の広がりとロータリーの絆、そして奉仕への参加から、自己研鑚へとロータリーの歯車のかみ合った一年でした。

39代会長 2004-05年 遊馬 幸雄

RI会長

  • グレンE・エステスSr

テーマ

  • 「ロータリーを祝おう」
  • CELEBRATE ROTARY 100years

会長方針

  • 年度テーマ;「100年のロータリーに39、友情を深めロータリーを楽しもう」
  • ロータリー創立100周年記念年度を、我クラブ創立39年の奉仕活動の実績に想いを馳せながら、新たな奉仕の第2世紀の第1歩となるべく、クラブで、職場で、地域社会で、世界で、ロータリー創立100年を祝い、 ロータリアンとしての自信と誇りと情熱を堅持しつつ、例会での親睦を楽しみ、友情を深め、奉仕の心の輪を広げ、心豊かになることを祈りながら、ロータリー活動を推進し、効率よい有意義な年度になるよう努力しました。
  • その結果、RI会長賞を受賞いたしました。

40代会長 2005-06年 野口 正宏

RI会長

  • カール・ヴィルヘルム・ステンハマー

テーマ

  • 「超我の奉仕」 Service Above Self

会長方針

  • 40周年を迎え、築かれた伝統と実績を誇りとして、創立時の感動を味わいながら、均衡のとれた企画で奉仕は最大に、経費は最小にを念頭に効率的な運営を心掛けた。

41代会長 2006-07年 渡邉 和孝

RI会長

  • ウィリアムB.ボイド

テーマ

  • 「率先しよう」 Lead The Way

会長方針

  • クラブの高齢化による退会者が見込まれるので、会員増強こそがクラブの活性になるので増強に努め、親睦と奉仕のできる均衡の取れたクラブ運営を心がけ努力したが、5名の入会そして9名の退会者が出て4名の会員減少となってしまった。

42代会長 2007-08年 小山 一宏

RI会長

  • ウィルフレッド J. ウィルキンソン(カナダ)

テーマ

  • 「ロータリーは分かち合いの心」 ROTARY SHARES

会長方針

  • 「ロータリー人生を楽しもう」
  • 主要事業:できるだけ無駄を省きながらも必要な事業を実施することを心がけた。

43代会長 2008-09年 桑原 次男

RI会長

  • 李 東建(韓国)

テーマ

  • 「船を造ろう!」

会長方針

  • 主要事業:今年度は、女性会員2名が入会することになりました。
  • CLPの導入により委員会組織が簡素化されたが、特段の問題は生じていない。
  • ホームページを立ち上げた。

44代会長 2009-2010年 増渕一夫

RI会長

  • ジョン・ケニー(スコットランド)

テーマ

  • 「ロータリーの未来はあなたの手の中に」
  • THE FUTURE OF ROTARY IS IN YOUR HANDS

会長方針

  • 「地域に貢献できるロータリー活動をしよう」
  • 主要事業:CLPも益々進んで参り、クラブもシンプル化して参りました。職業奉仕無ければ社会奉仕 無しですので、よりよい社会奉仕の為にも、職業を大切にして、社会に、より多く奉仕することが主要事業に現れて来ました。

45代会長 2010-11年 加藤 稔

RI会長

  • レイ・クリンギンスミス(米国)

テーマ

  • 「地域を育み、大陸をつなぐ」
  • BUILDING COMMUNITIES BRIDGING CONTINENTS

会長方針

  • 「地域に貢献できるロータリー活動をしよう」
  • さいたま中央ロータリークラブがスポンサークラブになり、第23回インターアクト年次大会が開催されました。
  • 本年は創立45周年のため、記念式典を行う予定でしたが、3月11日にマグニチュード 9.0の東日本大震災が起きたため、式典は中止し、大震災義援金100万円を日本赤十字社に寄託致しました。

46代会長 2011‐12年 河邉壽郎

RI会長

  • カルヤン・バネルジー(インド)

テーマ

  • 「心の中を見つめよう 博愛を広げるために」
  • REACH WITHIN TO EMBRACE HUMANITY

会長方針

  • 「ロータリーをもっと楽しもう!」
  • 主要事業:逼迫した予算の中でも概ね充実した年度を送ることができ、今年度純増2名の会員増強をすることができ、会員減少にも歯止めを掛けることができたと思う。会報をA4の1ページにし、委員会負担の減少を図り、会報の記録性に重点を措いた。

47代会長 2012-13年 近藤登志夫

RI会長

  • 田中 作次(日本)

テーマ

  • 「奉仕を通じて平和を」
  • PEACE THROUGH SERVICE

会長方針

  • 「出会いを、そして、もっと知ろう仲間を」
  • 主要事業:会員卓話を中心にした例会を積極的に進め、会員相互の理解を深める継続的な活動が出来たと思う。
  • IMでは、合唱団を結成し、チャレンジし、大きな成果を得た。
  • 休みたくなくなる例会づくりは、残念さを残しつつ、年間を通しては、地区への奉仕活動を含め、積極的な仲間づくりを進められたと思う。
  • また、新会員は5名入会し、50周年への新しい活動の初年度になりえたと思える。

48代会長 2013-14年 芝田勝孝

RI会長

  • ロンD.バートン(米国)

テーマ

  • 「ロータリーを実践し、みんなに豊かな人生を」
  • ENGAGE ROTARY,CHANGE LIVES

会長方針

  • 「本気で行動しよう ロータリー活動」
  • 今年度は奉仕活動に積極的に取り組み、体を使った奉仕活動を進めてきた結果、区民祭り等の活動に対する売上金等をポリオ撲滅に寄付し、また財団奨学生を2人も受け入れる実績をつくる事が出来、国際奉仕の表彰を受けました。
  • 50周年を2年後に控え、会長選出も滞りなく出来ました。残念な事に、年度中に社会奉仕委員長を含む2名の現役会員が亡くなりました。

49代会長 2014-15年 井原 正

RI会長

  • ゲイリーC.K.ホァン(台湾)

テーマ

  • 「ロータリーに輝きを」
  • Light Up Rotary

会長方針

  • 「感謝の気持ちをあらわそう」
  • クラブは地域社会の一員であり、会員事業も地域の皆様の協力により成り立っているとの考えから地域奉仕活動を積極的に行う。後援する市内中学校サッカー大会、区民祭りへの参加をロタリーデーとし、ポリオ撲滅キャンペーンを実施。ペットボトルキャップ収集と募金を行い、寄付。キャップの収集に協力いただいた与野東中学と地区ポリオ撲滅キャンペーンプロモーションビデオに参加。AEDの講習会を行う。次年度の50周年に向けて会員増強を推進するも、減員となり課題を残してしまった。

50代会長 2015-16年 松本輝夫

RI会長

  • K.R.ラビンドラン(スリランカ)

テーマ

  • 「世界へのプレゼントになろう」
  • Be a gift to the world

会長方針

  • 「One plus to my Rotary (ロータリー活動に更に一つを加えよう)」
  • 50周年にあたる年で、会員全員で50周年事業を成し遂げることができました。従来から行ってきた地域奉仕活動を継続して行いつつ、フィリピンの友好クラブ「サンフェルナンド・ラ・ユニオンRC」との再交流の扉を開くことができました。残念なことは長年クラブの在籍されたいた二人の方が、お一人は亡くなられ、もうお一人は高齢を理由に退会されたことです。50代会長 2015-16年 松本輝夫

51代会長 2016-17年 田澤俊明

RI会長

  • ジョンF.ジャーム(米国)

テーマ

  • 「人類に奉仕するロータリー」
  • ROTARY SERVING HUMANITY

会長方針

    「四つのテスト」と「如水」、そして「楽しくなければロータリーじゃない」
    (ロータリーの精神を次世代につなげよう)
    「四つのテスト」と「如水」、そして「楽しくなければロータリーじゃない」をスローガンに
    「ロータリーの精神を次世代につなげよう」と若い会員の増強を行いました。
     女性会員の増強は達成できませんでしたが、三富時期会長はまさに次世代ですので期待するところ大です。

52代会長 2017-18年 三富俊之

RI会長

  • イアンH.S.ライズリー(オーストラリア)

テーマ

  • 「ロータリー:変化をもたらす」
  • ROTARY:MAKING A DIFFERENCE

会長方針

    「Keep Going」
    クラブテーマは「Keep Going」今を全力で続けるという意味で、継続事業や新規事業等今出来ることを全
    力で取り組むことに致しました。2500回を迎えた例会は歴代会長皆さんが全力で繋いだ結果で、今後も1
    回づつ続いて行ければと思います。